人気ブログランキング |

やっぱり会って話したかった…

今回日本に帰って来て一番行きたかった場所に行って来た。
先日書いた、亡くなった大学時代の友人の所だ。

12月はじめ、急に大学時代の友人からメールが来た。
「元気か?」と書かれたメールの後ろに彼が話したいことが書かれてる気がして聞いてみた。
「誰かの所にハガキが来た?」

電話で話してみたら、亡くなった彼の奥さんから喪中ハガキが来て、みんなびっくりしているということだった。
私が知っていることを話して、年末にお線香でもあげに行けたら、ということになった。

とにかく私がホッとしたのは、誰も知らないまま新年会でこのことを私の口からみんなに知らせるという辛い役回りから解放されたことだった。

お参りの日は何回か変更になって12月30日となった。
12月30日は私にとって年末の大きなイベントである「競馬友達との園田競馬場での同窓会」の日だった。
最初は「その日はちょっと…」と言ったものの、やっぱりお線香くらいあげてやりたい。
それで、朝取り合えず競馬場に行って、ギリギリまで競馬をやった後お線香を上げに行くことにした。

いつも通り、一番のバスで競馬場に行き、特観に入り、たこ天を食べた。
違うのは、私にはたった三レースしか勝負出来るレースがないということくらい。

幸い、安かったが1,2レースを連続で三連単で当てて、最後の3レースを外して、メインの馬券を友人に託して競馬場を後にした。

滋賀の友人宅へは8人の同級生と先輩で行った。
このためだけに東京から日帰りで来た友人もいた。

遺骨はまだ彼の実家にあった。
ご両親と奥さんが私たちを迎えて下さった。
小さくなった彼との対面はやはり辛かったが、ご両親たちは微塵もしんみりした話はされなかった。
なので私たちも彼と私たちがどんな付き合いをして来たのかをご両親にお話しさせてもらった。

妹からはご両親は息子さんを死に追いやった会社のことを恨んでおられる、というようなことを聞いていたが、お父さんは「部長さんも何度も来て下さって…」と穏やかな口調で話をされていた。
恐らく、子供の死から半年が過ぎて落ち着いてこられていたのだろう。

私たちが聞かなかったこともあって最後まで彼の最近のことや亡くなった原因のような話は出なかった。

ただ、私は彼の亡くなった時間を何となく感じて分かった気がしていた。
最初に彼の死を聞いてから三日連続で彼が私の夢に出て来た。
それからしばらくして、私は毎晩決まって深夜2時半前後に目が覚めるようになった。
ベッドに入る時間が10時でも1時でも関係無くだ。
だから私はなんとなく『この時間に逝ったかなぁ…』と勝手に考えていた。

結局、2時間もお話をして帰って来た。
いつも競馬の後に行く焼き鳥屋で競馬友達たちは私の帰りを待っていてくれた。
生きて、面と向かってこうして一緒に話が出来ることを幸せに感じた。

# by jun-812 | 2013-12-30 23:18 | その他  

21年ぶりの有馬記念ライブ観戦

12月21日から1月7日までの予定で年末年始の一時帰国で日本に帰って来た。

常夏のシンガポールから帰って来ると、寒いのは変わりないので特に寒いと言われた今年の日本も去年と同じ感じ。

そんな中、私は前夜11時に神戸の自宅に帰って来たと言うのに、翌朝7時の神戸空港からの便に乗って羽田に。

着いたところは有馬記念の行われる中山競馬場。

私にとって21年ぶり4回目のライブで見る有馬記念。

そんな私を動かしたのはオルフェーヴルと言う一頭の馬。

3歳の頂点に立った日本ダービー、三冠を達成した菊花賞を競馬場で見て、去年は『勝った!』と思わせた凱旋門賞。

そんなオルフェの引退レースがこの有馬記念に決まった時にチケットを取った。

中山はかなり混雑していて、スタンドもスタンド前も移動するだけで一苦労。

それで有馬の三レース前からゴール板前に陣取ってみた。


有馬記念の本馬場入場が始まる直前に、午後3時現在の入場者数の発表があった。

「ん~11万くらいかな…」とつぶやいたら11万数千人で見事ビンゴ。

オグリラストランの18万入った有馬を知っている身ではなんということはないが、あれから20年以上の月日が流れている。

さすがに2時間近く立ちっ放しはこたえたが、レースが近づいてくるとそんなことも忘れる。



三角でオルフェが捲った時に既に勝利は確信していた。

8馬身圧勝に震えた。

馬券も抑えだが三連単を的中。

実はこれが私なりのオルフェの応援。

と言うのも、過去三回私が有馬記念に遠征した時(88、90、92年)は全て馬券が的中していたのだ。

それでオルフェ一着固定の三連単を買えば、それが当たることイコールオルフェ勝利になる。

a0201303_1121284.jpg


本当は、最終レース後の引退式を観てから帰るつもりだったが、「船橋法典まで70分」という退場混雑情報を見て引退式をあきらめた。

帰りの飛行機は午後8時で、遅くとも午後5時半には船橋法典から電車に乗らなければ間に合わない状況だったのだ。

少し後ろ髪を引かれたが、なにより強いオルフェーヴルの姿が観れたので大満足。

この日、オルフェーヴルはミスターシービーを抜いて私のベストホース第三位の馬となった。

# by jun-812 | 2013-12-22 23:08 | 競馬  

悲報

先々月、先月と二カ月続けて日本に出張で帰れたのはうれしかったのだが、その中でとても悲しいこともあった。
正確に言うと、「悲しいことがあったのを知った」と言うべきなのだろう。

大学時代の友人が亡くなったことを知ったのは9月の出張で東京から関西に移動し、週末京都の実家に行った時だった。
その数カ月前に妹からこんなことを聞かれた。
「○○さんってお兄ちゃんの大学の友達やんなあ? 亡くなったらしいって聞いたけど知ってる?」
「えっ!?全然知らん。何それ?」
その彼は4回生の卒研の研究室で一緒だった。
当時研究室の中では一番仲のいい友人だった。
卒業してからも付き合いは続き、私の結婚式でも友人代表でスピーチをしてくれた。

だけど、10年前くらいに毎年やっている新年会で会ってからは年賀状で唯一繋がっているだけになっていた。

「自殺やって…」
「うそやろ…」

そして、妹からその話が本当だと聞かされたのが9月のことだった。

彼の勤めていた会社に妹の旦那、つまり私の義弟も勤めている。
妹がそれが本当の話だと確認したのは、その彼と以前同じ部署だった人からだった。
その人と妹は子どものつながりで仲良くさせてもらっていたらしい。

「どうも、それまでずっと続けていた仕事から新しい所に異動してそれに馴染めなかったんじゃないかって…」
『そんなことで…』
私は彼から数年前にもらった年賀状を思い出していた。
「結婚しました」と書かれたその年賀状には奥さんとツーショットが印刷されていた。
それから何年もたたずにこんなに悲しい話を聞くことになるとは。

彼はノリもよく、お調子屋でありながら妙にこだわりがあり、やらないといけないことには真剣に向き合っていつも真面目だった。
そんな後半の性格がアダになって死を選んでしまったのかも知れないが、ちょっと周りを見て悲しむ人たちのことを考えて欲しかった。

来年の新年会が今から憂鬱だ。
新年早々このことを知らない友人たちにどんな風に告げればいいんだろう…

それよりなにより彼の魂が静かな眠りについていることを願うしかできない。

# by jun-812 | 2013-11-26 07:16 | その他  

向日町競輪場

思い立って一年ぶりに記事を書いてみたくなった。
一年も更新しないブログを覗きに来て下さる奇特な読者の方には大変ご無沙汰して申し訳ない。
とりあえずは、小生彼の地で元気に過ごしているのでご心配なくとお伝えしたい。

一年ものインタバルを置いて何カ月も前のことを書くのは気が引けるので先月と先々月のハイライトともいえる日本への出張のことを書いてみたい。
二か月連続で日本に出張に行ったのだが、実はこれが半年ぶりの日本だった。
今年の三月までは単身赴任だったので月一で会社持ちで帰国していたのだが、うちのがこっちに来てからはそれもなくなった。

それが急遽出張が決まって、9月は東京と神戸、10月は東京へ。
どちらも行きは成田着で成田空港はなんと20年近く前の新婚旅行の時以来。
『“成田エクスプレス離婚”になりかかったなぁ…』などと考えながら、「在来線最速」を謳うスカイライナーを初体験してうかれる“鉄ちゃん”がいた。

東京での宿は仕事場の近くの青山。
近くに「外苑西通り」の標識を見て福山雅治の「東京」を口ずさんでしまった。あれは外苑東通りだったけど…

熱帯雨林の国から行ったので9月の東京は涼しく感じ『もう日本は秋だな…』と思ったのだが、関西に転戦したらまだ真夏だった(汗)。
丁度秋分の日の三連休が間に挟まったので京都の実家に顔を出すことも出来た。
その関西に向かう新幹線の中で読んだスポーツ新聞のギャンブル面で「ある開催」が目に飛び込んで来た。

そしてフラっと訪れたのが京都向日町競輪場。
何を隠そう、ここが私の実家から一番近くにある公営ギャンブル場なのだ。

a0201303_19545548.jpg


ところが、今まで私はここに一度も来たことがなかった。
近年、いつ廃止されても不思議ではない経営状態らしく、『このまま未踏破で廃止されるのか…』と思っていた。
そんな今回私が実家に帰るタイミングで一年でたった一回しかない記念競輪の平安賞(G3)が開催。
これは神様に「行っておきなさい」と言われている気がした。
2レースだけ車券を買ってレースを見た。
恐らくこれが私にとって最初で最後の向日町競輪ライブとなるだろう。

# by jun-812 | 2013-11-08 19:55 | その他  

初突撃

待ちに待ったシンガポールに来て最初の金曜日。

シンガポールの競馬の開催日は基本金曜日と日曜日。

金曜日はナイターで、日曜日は昼間開催。

で、この日はサッサと仕事を切り上げて、シンガポール北部のクランジへ。

a0201303_19532981.jpg


シンガポールの中心部からMRT南北線で約40分で到着。

開門は1R発走の1時間半前。

a0201303_19535593.jpg


a0201303_1955267.jpg


a0201303_19555216.jpg


この日は、パスポートを見せると入れるスタンド3階のハイビスカスルームへ。

入場料は20ドル(約1,300円)。

a0201303_19542413.jpg


もちろん、下の階だと2ドルとかで入場出来るが、エアコンの効いた座れる席を求めてここに。

クランジ競馬場は1周内回りが1,800m、外回りが2,000mの芝コースの内側に、1周約1,500mのポリトラックがある左回りのコース。

a0201303_1955169.jpg


コース別の馬券作戦はおいおい書いていきたいと思っている。

この日は取り合えず「シンガポールの競馬ってどんな感じ」という“慣らし”で行ったのだが、とにかく成績表の読み方から始まり、1レース毎に「あぁ、そうなんだ!」と新しい発見のある日だった。

馬連や単複をチョコチョコ8R買ったが、当たったのは複勝4.2倍たった一つ。

さて、いつまで“授業料”を払い続けなきゃいけないんだろう…

a0201303_1956223.jpg

# by jun-812 | 2012-09-07 23:52 | シンガポール競馬